Skip to content

仏の教えの通りのマッサージ?タイ古式マッサージと仏教

E08720

タイ古式マッサージと仏教の繋がりは想像以上に深いものです。

マッサージの中に様々な意味がある

マッサージはひとに施す行為、そのこと自体、仏に通ずるものがあるとされ、その概念の中に、慈悲喜捨を含むとされています。
慈は、生あるもの全てに親愛と尊敬の念をもつことをいいます。
自分本位ではなく、相手あっての自分の身分をわきまえるといったことです。
悲は、抜苦与楽の考え方です。
マッサージで言えば、感情以上に行動で表現できることです。
痛み・苦悶している方に直接手を出すことで、悲を取り除くことです。
喜は字のごとく、喜びをマッサージをとうして与えることができることです。
少なくともタイ古式マッサージをした後の体は快適です。

「世界で一番気持ちがいい」タイ古式マッサージ方法・効果まとめ! – NAVER まとめ

ありがたいマッサージ法

良かった、ありがとうという気持ちを引き出す、タイ古式マッサージの効果そのものを意味します。test
捨は難しいことですが、己を捨てることを意味します。
ただし、身勝手な判断、利己主義に対してのことであり、真の自分と向き合うことを言います。
そこまで行くと、かなり哲学的になりますが、本格的なタイ古式マッサージというのは、この様に仏教の教えに則ったものと考えられています。
宗教に対して大きな理解がない日本人にとっては理解できないこともありますが、ありがたいマッサージであることは違いないでしょう。